毎日ゆるゆる流流日記

あなたがふと疑問に思ったこと、ふと不思議に感じたことを解決でるお手伝いができれば。

ライフスタイル

梅雨の髪のボサボサは一生つづく?くせ毛が膨らむのはどうすればいい?

投稿日:

こんにちは。ご訪問ありがとうございます。

近頃めっきり体力がなくなってきたのを感じます。。。

余談ですが昨年末はインフルエンザからの副鼻腔炎もやらかしました。

2回も救急に行きましたよ、ええ。。。子どもからインフルエンザももらうし(TT)

入院を免れたので、その点よかったかなと思っています。

さて、今回は梅雨時のお悩みですね。

以前の記事でもお伝えしたのですが、私、とてもすごいくせ毛・剛毛・量多いという

髪の保持者です。こういう髪のオリンピックとかあったらかなりいい線いくんじゃないの^^;??

と、無駄な妄想にふけっております。

今回はさらに梅雨時の自分がしている対策を書いてみましたので、よかったら参考にしてくださいませ~

スポンサーリンク

梅雨でも髪がボサボサにならなくなることがある?

毎年この時期が近づくことを大変憂鬱に感じるという方

いかに髪のボリュームを抑え要かと試行錯誤している方

どうしても自分にはできない髪型に憧れて現実を思い知る方・・・・

わかります!!!

わかります!!!

わかりますよぉぉぉぉおぉぉぉぉ(TT)!!!

なんで日本の梅雨ってこんなに湿気がひどいのでしょうね。

さすが、温暖湿潤気候ですが、最近はもはやそんな気候とおりこしてやしませんか?!

雨季と乾季のサバンナ気候か・・・???

いえいえ、、湿気のひどい時はもはや亜熱帯気候ですよ。ゲリラ豪雨めっちゃ怖いですよ。

でもね、泣かないでくださいね、剛毛、くせ毛、多量いや大量??のお嬢さん==(どの立ち位置からの言葉??ww)

私が美容師さんから聞いたお言葉によるとですが、

年齢と共に髪は減るし、細くなるし、軟らかくもなってくるし、くせも和らいでくるんだそうですよ。

「でも、いつそんな変化があるのよ?!」ですよね。

一般的にですが、女の人は2回くらい髪質の変化の時期があるとのこと。美容師さんに聞いてみました。

 

まず初めは初潮を迎える時期。女性ホルモンの分泌がなされて、それに伴って髪質に変化がおきるそうです。

ただ、髪質が軟らかくなって扱いやすくなるか、反対に髪質が硬くなって扱いづらくなるかは
変化が起こってみないと何とも言えないんだそうです。

実際、知り合いの美容師の女の子が本当にとてもきれいなストレートをしていたので、

「素敵な髪質でうらやましいです。」といったところ、

「ちがうんですよぉ。私、前はお客様と同じ感じの髪質だったんですよ。でも、20ハタチ超えた頃からかな?
急に軟らかくなっていったんですよ。なんでだかわからないんですww」

とのことでした。

初潮を迎えた時期からも大幅にずれていますし、何らかの変化があったと思いますが、
髪質が変わるということは起こり得るんだなと思いました。

そして、もう一つは女性の出産後の時期です。

よくTVでCMしていませんか?子どもを産んだら髪が細くなって、抜け毛が増えて、量も減ってしまって。というあれです。

これは子どもに栄養を文字通りまるごと吸い取られるから起こる現象ですよね。

私自身、出産後の方が髪質がいくらかましになってきており、
それまでは梅雨前はストレートが欠かせなかったのですが、産後、10年くらいたった今では
髪質的には今一つですが、

若い時からかれこれ15年以上のおつきあいの美容師さんには

「本当に昔に比べたらましになったと思いますよ♪毎年ね、梅雨は大変でしたもんねww」といわれるほどです。

余談ですが、髪をしっかりとさせるためには昆布も大事ですが、

魚介類のなかでイカは消化吸収されやすいタンパク質と豊富なビタミン類を含んでいます。
髪にもいい栄養が豊富なので、積極的にとりましょう。お料理が面倒だったら“あたりめ”なんかおすすめです。

血液の余りで作られるのが髪だということなので、女性は亜鉛が豊富な貝類、アントシアニンの多い黒大豆なんかもいいですよ。

髪がくせ毛でも梅雨を乗り切るために

さて、乗り切るために私がしていることは、単純ですが、
湿気の多くなる前に必ず美容院に行って梅雨時期仕様のカットをしてもらうことです。

髪型にもよりますが、とくにショートからボブくらいの方は広がりがまともなので。

髪の量が多すぎるとどれだけセットしようとしてもどさっと落ちてきてしまってすごく重い印象になるので、
軽めにカットしてもらっているということがあります。

ただ、軽めといってもあまりに髪をすいてしまっては、余計に髪が立ち上がって手に負えなくなるので、
そのあたりはきちんと調節していただくようにしましょう。

硬いくせ毛でも、それを生かしてふわっとフェミニンな印象にできるクセであれば大いに活用してくださいね。
そんなカットは私の憧れです・・・私はできませんのです。

というのも、クセが根元にあり、髪が立ち上がってしまうクセだからです。
そのため、前髪も(おでこが狭いという理由も大きいですが)常に一部立ち上がっています(泣)。

スポンサーリンク

たとえて言うなら根元がぶわっと膨れたお椀のような、髪型になってしまうのです。
かつての職場の先輩からのあだ名がタマネギ・・・・w(==)w

これはこれで大変でして、、、、
だからこその根元の縮毛矯正をして、ある程度根元の調整をしてからカットをしてもらいます。

根元が立ち上がるクセは、縮毛矯正をあてると扱いが断然ちがいます。
これは、ロング、ショートにかかわらずです。

根元が立ち上がると、すごく頭が大きい印象になりますので、
コンパクトにしておいた方が髪をまとめるときも、お手入れも楽です。

全盛期から減ったとは申せ、本っっ当に量もいまだに多いので(前の分量だけでも人様の一人前は余裕でありますヨ・・・)、
とにかく毛流れを見つつ、できるだけ軽く見えるようにしてもらうのですね。

まず、髪のクセを部分的にでもいいのでボリュームダウンする対策をとる
それから、髪質や毛流れに合わせていつもよりも髪の量を減らしてカットしてもらう

これで、だいぶ気分が違うと思いますよ。

梅雨で髪が膨らむときに私がすること

さて、前項の対策をしても、それでも髪が膨らんでしまう方におすすめなのは、
シャンプーとトリートメントを変えてみる方法です。

梅雨のときはちょっとしっとりした仕上がりのシャンプー、トリートメントを使ってみてください。

肌が敏感で、普段と違うものを使うのは抵抗があるという方は、
かずのすけさんのブログでおすすめされている商品の中からえらんでみてくださいね。

私自身、かつてはアトピーだった経験もありまして、敏感肌を自覚しております。
かずのすけ氏は今現在とてもきれいな肌をしていますが、かつてはアトピーのご経験があったことで
知られています。

そんなところに親近感を覚えて彼のブログを読むようになったのですが、
彼は現役の科学者で、化粧品に含まれる添加物などの分析をブログで紹介しておられます

彼の紹介するものには、肌にやさしくて値段も手ごろな良品が多いというのが使ってみた実感です。

今はおかげさまでなくなりましたが、背中ニキビ、顎ニキビ、体にできたニキビなどで困った時、本当に私にとっては
ありがたい情報をいただいたブログです。
(またこれは記事にしていきますね^^)

さて、話を戻しますね。朝、大変なことになってしまっていたら、、、

洗い流さないトリートメント+ドライヤー+ヘアアイロンです。

 

まぁ、髪質に悩んでおられる方にはお馴染みの三種の神器といったところでしょうか。

私は、シャンプーとトリートメント、そして洗い流さないトリートメントはかずのすけさんのおすすめのものを使っています。

美容室のものだったり某有名ケ〇スターゼだったり使ってみたのですが、肌に合わなかったので使用を断念しました。

洗い流さないトリートメントですが、こちらは水よりもきちんと髪が落ち着く印象があります。

これを使って戻る程度のはねや、広がりだったらいいのですが、

あまりにひどい時はシャワーで一度濡らして乾かします。

経験上、しっかりと根元まで濡らしてあげる方が根元のクセは落ち着きます。

しっかり乾かしたら、今度はヘアアイロンを使っていきます。

このヘアアイロンは幅が小さいので小回りが利くといいますか、

細かいニュアンスをつけたい時にも活躍してくれます。

どちらもリンクを貼っておきますので、一度チェックしてみてくださいね。

こういう商品も最近はいいものが安価でたくさん出回るようになったなと思います。

梅雨の髪のボサボサは一生つづく?くせ毛が膨らむのはどうすればいい?のまとめ

・女の子は初潮前後と、出産後に髪質や量に変化が起きる時期がくる
・髪にいいイカ、貝類、黒大豆などを食べよう!
・髪のクセを部分的にでもいいのでボリュームダウンする対策をとる
・髪質や毛流れに合わせていつもよりも髪の量を減らしてカットしてもらう
・シャンプー、トリートメントをしっとりタイプに変えてみる
・コンディショニングスプレー(洗い流さないヘアトリートメントローション)を使ってみる
・根元までしっかりぬらしてから髪を乾かすとクセが落ち着きやすい
・ヘアアイロンは幅の細めのものの方が便利

スポンサーリンク

-ライフスタイル
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

秋の鼻炎を悪化させないために季節の変わり目の対策や食べ物を紹介

こんにちは。こんばんは。 おはようございます。お疲れ様です。 今回は、秋の鼻炎の対策パート2です。 前回、生活スタイルのことについて触れましたので、 今回は食事面など、その周辺のことについて 書いてい …

洗濯物の夏の臭いの原因は?

こんにちは。こんばんは。 おはようございます。お疲れ様です。 今回は、夏場の洗濯物についてです。 夏場の洗濯物の臭いって、 スポンサーリンク 高温多湿状態だとかなり目立ちますね。 臭いって、そもそも雑 …

9月に眠いのだるいのは夏の疲れが残ってるせい?夜に眠れない時どうする?

こんにちは。こんばんは おはようございます。お疲れ様です。 今日は夏の疲れについて書いていきます。 これ、9月ってけっこうだるいな~って思う方、 多いんじゃないでしょうか。 かくいう私も、ここ2年くら …

大掃除どこから始めると効率的?コツや順番は?道具であると便利なのは?

こんにちは。こんばんは。 おはようございます。お疲れ様です。 そろそろ、大掃除にいい時期になってきましたね^^。 年末のドカッと大掃除も恒例行事な感じですが、 あの時期は空気も乾燥しているし、水も冷た …

洗濯物の夏の臭いの原因は?対策と洗剤でおすすめのその理由とは?その2

こんばんは。こんにちは。 おはようございます。お疲れ様です。 今回は前回記事からの続き物です。 洗濯って、けっこう適当にやっていたんですね、私。 基本、「よし、おっけ~」でいってしまって、 あとで「あ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。